医院へのご質問・ご予約はこちらから

〒596-0825 岸和田市土生町1401-1

堀内歯科の写真

ジルコニアの臨床例

ジルコニアの臨床例

東岸和田の堀内歯科医院でのジルコニア症例をご紹介いたします。

ジルコニアとは人工ダイヤモンドとして利用されるほど、硬度の高い素材です。
金属との違いは、分子結合の強さです。
酸化ジルコニアは、分子結合が強く安定した素材です。

そのため、金属アレルギーを引き起こさずに生活を送ることができます。
金属アレルギーで悩まれている方のご相談もお受けしております。

症例

■ジルコニアのつめ物(インレー)

ジルコニアのつめ物(インレー)

「つめものがとれて、しみる…」と患者様。中が虫歯で神経まで侵されていました。
神経をとってオールジルコニアを詰め、修復しました。

■ジルコニアのブリッジ

銀歯のブリッジ前
ジルコニアのブリッジ

左下銀歯のブリッジのやり替え希望です。口元の銀色も気になるとのことで
おおきな咬合力のかかる奥の歯に最適な、オールジルコニアのブリッジを装着しました。
ジルコニアは汚れが付きにくく、丈夫です。

■前歯のジルコニア①

前歯の金銀パラジウム合金
前歯のジルコニア

前歯のかぶせ物のプラスチックが磨耗してきて金属が見えてきて、境目が気になるとの訴えで来院されました。 金属を使用しないジルコニアのブロックから削り出した前歯のかぶせ物に新調しました。

■前歯のジルコニア②

前歯の金銀パラジウム合金
前歯のジルコニア

笑った時の銀歯と虫歯が気になる」 「笑顔に気を使う」ということで来院されました。
メタルボンドは中が金属でできているので、経年で歯茎とかぶせ物の境目が出てくる可能性があります。
その点、ジルコニアは単体のセラミックから作るので、美しく丈夫です。

■「オールジルコニア」と「ジルコニアセラミック」

オールジルコニア
ジルコニアセラミック

「オールジルコニア」は「ジルコニアセラミック」にくらべてリーズナブルで強度も高く、
制作工程も少なくてすみます。しかし、色の表現が難しいというデメリットもあります。
色調を重視するなら、やや高価でありますが「ジルコニアセラミック」をお勧めします。

ページの先頭へ