医院へのご質問・ご予約はこちらから

〒596-0825 岸和田市土生町6丁目10-8

堀内歯科の写真

金属床入れ歯の臨床例

金属床入れ歯の臨床例

総入れ歯は、虫歯や歯周病などによりすべての歯を失った場合に受ける治療です。
粘膜(歯槽堤)の形にピッタリと合う総入れ歯を作ることで、
粘膜と吸着させることができ、入れ歯を維持させることができます。

保険診療で受けられる場合は、素材がすべてプラスチック(レジン)となります。

それ以外の素材を希望される場合は、保険の適用外となります。

症例

■現状

入れ歯の噛み合わせが悪くなる
入れ歯の噛み合わせが悪くなる

噛み合わせが悪くなり、自身の歯との隙間も出てきています。

■土台づくり

入れ歯の噛み合わせが悪くなる

上顎の状態です。

■比較

プラスチック床の入れ歯とコバルト床の入れ歯の比較
プラスチック床の入れ歯とコバルト床の入れ歯の比較

左写真:表 左側が金属床の入れ歯(コバルトクロム)、右側がこれまで装着の入れ歯
右写真:裏 金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。

■厚み

入れ歯の噛み合わせが悪くなる

新旧の厚みの比較です。
金属床は強度に優れた金属を使用するため、薄くて軽い快適な入れ歯をつくることができます。

■装着

金属床入れ歯の付け心地
金属床入れ歯の見た目

見た目の美しさはもちろん、
装着した時の感覚が保険のプラスチック製よりも格段に快適になっています。
「上顎がピッタリ合ってて、以前と比べ大変薄くて気持ちいいです。」
と喜んでいただけました。

ページの先頭へ