医院へのご質問・ご予約はこちらから

〒596-0825 岸和田市土生町6丁目10-8

堀内歯科の写真

コンフォート入れ歯の臨床例

コンフォート入れ歯の臨床例

生体用シリコーンというクッションで
入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげ、
「痛い・噛めない・外れやすい」といった、従来の入れ歯の悩みを解消

症例

■現状

入れ歯の噛み合わせが悪くなる
入れ歯の噛み合わせが悪くなる

噛み合わせが悪くなり、自身の歯との隙間も出てきています。

■土台づくり

土台づくり

出来る限り自身の歯を残したかったのですが、3本のうち2本が残りました。
残った歯は根が弱いため、後に作成する義歯を固定するために修復します。

■生体シリコン活用

生体シリコンコンフォート

下顎の骨のてっぱりが大きく、金属床やプラスチック床ではこすれて痛みが出やすいため、
下顎の義歯には、整形外科領域で使用されているのと同じ成分の
生体シリコンを利用したコンフォート義歯を作成しました。

■完成

コンコンフォート比較
コンコンフォート比較

左写真:左側は旧入れ歯(プラスチック(レジン))。右側は新入れ歯。
右写真:左側は旧入れ歯(プラスチック(レジン))。右側は新入れ歯。生体シリコンです。色の違いに注目

■装着

コンコンフォート噛み心地
コンコンフォート見た目

生体シリコンの厚みの分だけプラスチック部分が薄くなるため金属プレートで補強してあります。
「ゴムの柔らかさでぴったりあって、歯茎によくなじんでいます。痛くなくよく噛めます」
と喜んでいただけました。見た目も美しく綺麗です。

ページの先頭へ