1. ホーム /
  2. 予防歯科 /
  3. 歯ブラシの選び方【毛の硬さ別】

歯ブラシの選び方【毛の硬さ別】

みなさんは普段どのような歯ブラシを使っていますか?

歯ブラシには「毛の硬さ」「毛の細さ」「ヘッドの大きさ」などの違いがありますが、今回は、歯ブラシの選び方【毛の硬さ別】についてご紹介します。

【かため】

高齢者などの歯を磨く力が弱い方は、清掃能力が高い「かため」の歯ブラシがオススメです!

《メリット》

  • しっかりとした磨き心地で、歯垢を落とす効果が高い
  • 歯のぬめりなども取り除けるため、爽快感のあるブラッシングができる

《デメリット》

歯ブラシ圧が強い方は歯や歯ぐきを傷つけてしまったり、歯の面をすり減らしてしまう恐れがあります。

おすすめの方:歯質が硬い方、歯肉に厚みがありまったく出血しない方、高齢者や歯を磨く力が弱い方

【ふつう】

歯や歯ぐきの状態が健康な方は、「ふつう」の歯ブラシを選ぶのがオススメです!

《メリット》

  • 扱いやすく大人から子どもまで使える
  • 適度な硬さで効率よく歯垢を除去できる。

《デメリット》

特になし

おすすめの方:歯と歯ぐきが健康な方、歯肉が下がっていない方

【やわらかめ】

デリケートな部分を磨く時は「やわらかめ」がオススメです!

《メリット》

  • 細かいところまで毛先が届きやすい
  • 毛先がやわらかいため、歯や歯茎を傷つけにくい

《デメリット》

汚れを落とす効果が低いため、丁寧に磨く必要がある

おすすめの方:歯質が柔らかい方、歯肉が腫れていたり、下がっている方

当院おすすめの歯ブラシ「DENT.EX Systema 44M 」のご紹介

DENT.EX Systema 44M

《特徴》

●狭い歯間部や歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)に届く、細くしなやかなスーパーテーパード毛を採用。

●歯肉へのストレスを最小限に抑えられる優しい磨き心地

●歯ブラシの持ち手がストレートなので、持ちやすく様々な部位へのコントロール性にも優れている。

種類別の使い分け

★ヘッドの大きさは42(レギュラー)と44(コンパクト)の2種類あります。

★植毛本数の違いはHとMの2種類。HはMよりも1.4倍多く植毛しているので刷掃力が強化されています。

当院のおすすめは44Mです。よろしければ使ってみてください(^^)

まとめ

歯ブラシの毛先が1カ月未満で開いてしまうという方は、ブラッシング圧が強すぎる可能性があり、歯ブラシの持ち方を見直す必要があるかもしれません。歯ブラシは、鉛筆と同じように持つと力が抜けやすいですので試してみてください。当院では、ブラッシング指導なども行っています。

また、歯ブラシのおすすめの交換時期の目安は1ヶ月程度です。毎月1日など覚えやすい日に歯ブラシ交換するのもいいと思います♪自分に合った歯ブラシや磨き方など分からないことがあれば、いつでもお気軽にご相談ください^^

記事監修 Dr.堀内 啓史
堀内歯科医院
院長 堀内 啓史