1. ホーム /
  2. 予防歯科 /
  3. 歯磨き粉は使った方が良いの?使わない方がいいの?

歯磨き粉は使った方が良いの?使わない方がいいの?

皆さんは、歯磨きをする時に「歯磨き粉」を使用していますか?

実際のところ歯磨き粉って

「使った方が良いの?」「使わない方が良いの?」

今回は、そんな疑問に切り込みたいと思います。今まで歯磨き粉をなんとなく良さそうだから使っているという方も、この内容を読んで「歯磨き粉」について少し考えるきっかけとなれば嬉しいです。

歯磨き粉の問題点

まず、歯磨き粉を使うと主にこの2つが問題としてよく挙げられています。

爽快感が得られ、きちんと磨けていなくても磨けたような感覚になる

歯磨き粉には、清涼感を出すために、ミントなどの香味剤が配合されています。スッキリした感覚になって十分に磨けていないまま歯磨きを終えてしまうことがあります。

歯磨き粉に含まれる一部の成分の影響で歯磨きをしたつもりになってしまい、歯磨きの本来の目的である、歯の汚れを落とすというポイントを見失ってしまいがちです。

口の中が泡だらけになるので歯磨きを短時間で終わらせてしまう。

歯磨き粉の泡が口の中でいっぱいになると歯磨きができていると錯覚してしまい、歯の汚れを落とせたつもりになって歯磨きをすぐ終えてしまいがちです。

さらに歯磨き粉に含まれる発泡剤は、歯磨き粉を口全体に広げてくれる代わりに汚れのある場所を見つけにくくなってしまいます。汚れが残ったままでは歯の汚れが日々蓄積してしまいます。

しかし、これらは本来の歯磨き粉の役割とは関係のない部分の問題であり、歯磨き粉の役割はきちんとあります。

歯磨き粉の役割

歯磨き粉の基本的な役割は歯垢(プラーク)の除去です。それ以外にも歯磨き粉の種類によって効果は様々ありますが、当院が考える歯磨き粉の効果で特に注目したいのは以下の2つです。

フッ素で虫歯を防ぐ

歯磨き粉の成分表示に、フッ素は「モノフルオロリン酸ナトリウム」「フッ化ナトリウム」と表記されています。

フッ素にはむし歯の原因菌の働きを弱め、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進し、歯の表面を強化してむし歯になりにくくする働きがあります。大人でも歯肉が下がって歯の根の部分(歯根面)が出てきます。歯根面のむし歯予防にフッ素は有効です。フッ素は子どもだけでなく大人の虫歯予防としても効果的といえます。
過去にフッ素について詳しく書いている記事はこちら

研磨剤(清掃剤)で歯磨きだけで落とせない汚れを落とせる

歯磨き粉の成分表示に、研磨剤は「炭酸カルシウム」「炭酸水素ナトリウム(重曹)」「無水ケイ酸(シリカ)」などと表記されています。

研磨剤は、歯磨き粉に含まれるザラザラした成分のことです。日々の食事によってどうしても着色汚れがついてしまい、この汚れは歯ブラシだけでは落としきることができません。研磨剤はこれらの歯の表面についた着色汚れや頑固な汚れを落とす手助けをしてくれています。

歯磨き粉の研磨剤で歯が削れてしまうという心配をされる方もいますが、歯磨き粉用の研磨剤は、歯はもちろん歯肉にも影響のない範囲の研磨性になっているのでその心配はいりません。それよりも歯をゴシゴシと磨く方が傷つけてしまうので歯磨きの時の力加減の方が気をつけなければいけません。

歯磨きで大切なのは歯磨き粉を使うことよりも、きちんと歯の汚れを落とすこと。

この他にも歯磨き粉を使う事でよりキレイな白い歯に近づけたり、口臭を予防したりなどのメリットはあります。しかし、歯磨き粉は使っているだけではあまり意味がありません。

歯磨きの本来の目的は、虫歯や歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を取り除くこと。歯磨き粉はあくまでも歯磨きをサポートしてくれる役割です。歯磨きをする目的をきちんと理解して、歯磨きをすることが理想的です。

私たちの歯磨きをサポートをしてくれる歯磨き粉ですが、種類もたくさんあり効果も様々です。歯磨き粉の力を最大限発揮させるには、私たちはどのような事を意識するといいのでしょうか?

目的やお口の状態に合わせて歯磨き粉を選ぼう

例えば、口臭予防の目的であれば歯磨き粉を使って歯磨きすることで口臭を防げます。さらにフッ素が含まれている歯磨き粉を使用すれば、虫歯になりにくい歯を作ることができます。

歯の汚れを落とすという観点だけで言えば歯磨き粉を使用しなくても良い場合もあります。しかし、歯磨き粉には歯の汚れを落とす以外にも歯周病予防や歯を白くするホワイトニング効果のあるものなど多くの種類があります。

歯磨きをする時は、お口の状態をよく知って自分に合った歯磨き粉を使うことが大切です。痛みなどの症状がないと歯医者さんに行く機会がないという方もこの機会に定期検診(メンテナンス)を受けてみてみてはいかがでしょうか?正しくお口の状態を知るためには自己判断ではなく歯医者さんで見てもらう事が重要です。

さらにお口の状態にあった歯磨き粉が詳しく知りたい方は、定期検診(メンテナンス)の時に歯科衛生士さんに歯磨き粉について聞いてみるのもオススメです。今まで使った事のない新たな歯磨き粉に出会えるかもしれません(^ ^)

まとめ

歯磨きをするときに歯磨き粉は使った方が良いと思います。ただそこで注意しなければならないのは、歯磨き粉を使っているから大丈夫というわけではないということです。

歯磨きはお口や歯の汚れを落とすことが一番の目的なので、そのポイントは忘れてはいけません。あくまでも歯磨き粉は補助的な役割であることを理解して、これからも歯磨きをしてみてください。

目的に合った歯磨き粉を使って、正しい歯磨きをすることができれば歯磨き粉の力がより発揮されやすくなります。そうすれば歯磨き粉は、歯磨きの心強いサポーターとなってくれるはずです。