医院へのご質問・ご予約はこちらから

〒596-0825 岸和田市土生町1401-1

睡眠時無呼吸症候群歯科外来

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

睡眠中に無呼吸を繰り返すことで
日常の活動に様々な影響を及ぼす深刻な病気です。

睡眠中に、10秒以上呼吸が止まり、それが1時間あたり5回以上ある場合は睡眠時無呼吸です。
睡眠中のことなので自分で気付くことができない人が多く、
検査や治療に至っていない人が多く、日本では潜在患者数は300万人以上いると言われています。

【無呼吸症候群(SAS)の定義】
無呼吸症候群の定義

10秒以上の呼吸停止の回数が、
7時間に30回以上 or
1時間に5回以上ある場合

無呼吸と低呼吸
無呼吸

・10秒以上の気流停止
(気道の空気の流れが止まった状態)

低呼吸

・50%の換気量低下
・10秒以上気流が低下 3%以上のSPO2の低下
・10秒以上気流が低下、覚醒を伴う

睡眠時無呼吸症候群が深刻な病気である理由

無呼吸状態は、身体中の酸素の割合を低下させます。
そのため身体は酸素を補おうと心拍数を上げ、酸素を供給しようとします。
この活動は、脳や身体に大きな負担をかけ、健全な睡眠を妨げます。
その結果、強い眠気や倦怠感、集中力低下など、日常生活に支障をきたします。

大きな事故や健康被害になる前に、
家族やパートナーに一度確認してみてください。

ガムピーリング治療前
ガムピーリング治療後
睡眠時無呼吸症候群の検査と重症度
睡眠時無呼吸症候群の検査

「もしかしたら?」と思ったら、まずお近くの 内科、呼吸器科、循環器科、耳鼻咽喉科、精神科などで早めに受診しましょう。

検査は医療機関に1泊して睡眠と呼吸の状態を検査する終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査を受けます。

睡眠時無呼吸症候群の重症度

検査の結果から、睡眠1時間あたりの「無呼吸」と「低呼吸」の合計回数AHI(Apnea Hypopnea Index)を割り出し、重症度を分類します。。

歯科医院で保険で行える治療
睡眠時無呼吸症候群マウスピース

睡眠時に装着する、スリープスプリントというマウスピースを制作し、下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療を行います。

歯科医院で治療を受けられる方
歯科医院で睡眠時無呼吸症候群の治療を受けられる方

医科での検査結果により、軽症・中等症の診断を受け、医師からの紹介を受けた方は、歯科医院で治療できます。

「睡眠時無呼吸症候群用マウスピース治療」の流れ

初診(費用は3割負担の方で約4,000円程度です)

❶問診票の記入

問診票の記入

質問内容に従って、順にご記入ください。今後の治療計画の参考にさせて頂きます。

❷エックス線検査

エックス線検査

口腔内の状態を詳しく検査致します。

❸歯科医師による問診、口腔内診査

歯科医師による問診、口腔内診査

エックス検査を元に虫歯や歯周病の有無の確認や、今後の治療計画をお話します。

❹歯科衛生士による歯のクリーニング

歯科衛生士による歯のクリーニング

マウスピース治療を行うには、口腔内の状態を清潔に保つ必要があります。

※重度の虫歯や歯周病の方は、
治療後に歯型が変わるので、
先に治療が必要となります。

2回目(費用は3割負担の方で約2,500円程度です)

❶口腔内の診査

口腔内の診査

口腔内が清潔に保たれているかチェックします。

❷歯型取り

歯型取り

口腔内が清潔に保たれていれば、マウスピース作成のため、上下の歯型をとります。

3回目(費用は3割負担の方で約12,000円程度です)

❶マウスピース調整

マウスピース調整

装置が上顎・下顎別々に仮の状態で完成します。
マウスピースを装着し、噛み合わせや違和感が無いか適合を調べます。
※調整が難しく適合がよく無い場合は、再度歯型を取り、作り直しとなります。

❷装着時の顎の位置を決めます

装着時の顎の位置決め

睡眠時に、下顎を少し前に出して、気道を確保する位置を決めます。

❸上下のマウスピースを接着・完成

上下のマウスピースを接着

顎の位置が決まったら、上下別々のマウスピースを接着させ、睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースの完成です。

4回目(費用は3割負担の方で約1,000円程度です)

❶約1週間装着後来院

マウスピースを装着して睡眠

装着感や、口腔内に影響が無いかの確認を行います。
※違和感があったり、痛みが生じる場合などは、再度歯型とりを行いマウスピースを作り直します。

装着開始から約1ヶ月を目安に
ご紹介先の内科で、
治療効果の測定を行ってください

定期検査(費用は3割負担の方で約1,000円程度です)

❶定期的なメンテナンス

定期的メンテナンス

体の状態は常に変化しますので、マウスピースの調整や、虫歯や歯周病が発生していないか口腔内の状態をチェックし、適切なケアを行います。睡眠時の衛星指導も行います。
※マウスピース作成後に虫歯や歯周病などの治療を行った場合は、治療後の歯型に合わせたマウスピースが必要となります。

ページの先頭へ